資金繰りを重視した企業経営

一企業を経営していくのに最も重要なことの一つに、キャッシュフローの健全化が挙げられます。ワーキングキャピタル、いわゆる運転資本をいかに潤沢に確保するかが日常業務をこなす上で重要なことです。いかに売上を伸ばして利益を確保しても、現金が不足してしまうととたんに業務が立ち行かなくなり、最悪の場合倒産という結果になってしまいます。経営における運転資本を常に確保するためには、顧客への売掛金を正常なサイクルで回収することや協力業者への支払いサイクルを守っていくことが大切です。常日頃からの債権債務のチェックが重要となってきます。

ワーキングキャピタルは経営する上で、なくてはならないものです。ワーキングキャピタルとは運転資本のことで、商品や材料の仕入れや事業を行う上で必要となる人件費などの支払いをするものだからです。枯渇してしまえば、商品やサービスの提供ができなくなってしまいますから、倒産するのも時間の問題です。仮に倒産しなくとも、給与の不払いや商品の仕入先への支払いが起こってしまう可能性があり、信用問題につながります。基本的には多くあったほうがいいですが、多すぎると何かの弾みで売上げが減少した時に経営の危険になる場合もあるので、備えておくための資金も確保したほうがいいです。