経営におけるリスクヘッジ

経営には様々なリスクが存在しますが、これを回避する事をリスクヘッジと呼びます。具体的にはどのような方法があるのかというと、例えば為替レートの変動によって売掛金の回収金額が変化することがありますが、このときには事前に金融機関と取り決めをしておいて為替レートを固定させておくことができます。これが一般的な為替予約というものです。これによって為替リスクをヘッジする事ができますが、その代わりに手数料を支払わなければなりません。この手数料はリスクに応じて支払うものなのですが、これをリスクプレミアムと呼びます。経営者は念頭に置いておくべきでしょう。

経営を安定させるためにはリスクヘッジは必須です。それぞれのリスクによってヘッジの手法は異なります。例えば、原料価格が値上がりするリスクをヘッジするためには、先物取引で買い建てをしておくのが一般的です。販売価格の下落リスクをヘッジするためには、先物取引で売り建てをしておくのが一般的です。為替リスクをヘッジするためには為替予約を用いるのが一般的でしょう。そのために商品先物や金融先物が提供されています。リスクによってヘッジする手段は異なりますから、経営におけるリスクごとにヘッジの手段を用意しておくことが必要となってきます。