経営には資源の集中投入が重要

競争の激しい企業活動で、企業を継続的に発展させるには、経営戦略をしっかりと立案し、それを推進していく事が重要です。これらの戦略を立案するには、IR情報や様々な情報を元に、業界内で自社の置かれているポジショニングをしっかりと分析することか必要です。その上で、様々な経営戦略立案の手法も活用しつつ、戦略を組み立てて行きます。この際、ランチェスター戦略がよく用いられます。強者なら強者の戦略を、弱者なら弱者の戦略を、資源の集中投入と言う視点から組み立てられた教本です。この戦略は漫画や企業戦略以外にも応用して解説されるほどポピュラーです。しかし、資源の集中投入をして戦うべき競合企業が特定できても、それをどんな商品やサービスで差別化し、具現化するかの戦術は自分達で構築する以外なく、これが難しいのです。

ランチェスター戦略とはランチェスターの法則を経営に取り入れたものを指します。ランチェスターの法則では、強者が勝つための戦略と弱者が勝つための戦略とを合理的に説明したものなのですが、日本でランチェスター戦略というと弱者のためのものを指すことが多いようです。つまり、小規模な会社が大規模な会社に勝つための戦略を指す事が多いのです。具体的にはどのような事をするのかというと、ターゲットを絞る戦略を指します。大企業では手の届かないようなニッチなターゲットを対象として経営をしていく事によって、大企業に勝つことができるのです。

もう難しくない!初心者でも使いこなせる動画変換ソフト!GOMENCODER